先日の放映をご視聴頂いた方も、都合が合わずご覧頂けなかった方にも、

WEBセミナーの中でご紹介したYouTubeの映像、 「海の武士道 敵兵を救助せよ」シェアします。

日本人として、自信と誇りを取り戻すことができ、とても心に響く、涙腺崩壊注意の感動の実話です。

すでにご覧頂いた方もまだご覧頂けていない方もぜひ、再生ボタンを押して映像をご視聴下さい。

続きは以下からご覧頂けますので、再生ボタンを押して映像をご視聴下さい。

この映像こそが歴史教育の目的を

私たちに教えてくれるものであると思います。

私たちは、先人の生き様を学ぶ時、自分自身に刻まれたDNAを思い出し、心震え、先人の名に恥じぬよう、祖国を愛し、日本人の誇りを胸に刻み、凛として生きる決意ができるのだと思います。

そして、それを体現しているのが、まさに、池間先生その人です。

そんな池間先生とともに、

1.池間先生による真の歴史教育を届け、 祖国を愛し、日本人の誇りを胸に刻み、命を繋いでくれた先人の名に恥じぬよう、凛として生きる日本人を増やし、強く美しい日本の将来の礎を築くこと。

2.各国のプロパガンダに屈することなく、真実の歴史を日本と世界に発信できる日本人を増やし、各国が仕掛ける情報戦から日本を守り、日本の名誉を守ること。

3.世界の人々と友好関係を結ぶために、池間先生のアジア支援活動を応援する形で実際に行動し、国家の安全保障にも貢献していくこと。

を通して、微力ながら、日本の未来を守ることができ、放映中にもご紹介をした池間先生の日本塾には、現在までに150名もの方にお申込みを頂きました。

何度も想像を絶するほどの困難に見舞われてきた日本の先人たち

歴史を振り返れば、私たち日本人は、これまでに何度も想像を絶するほどの困難に見舞われながらも、そのたびに目覚ましい発展を遂げてきました。

 

その陰には、家族を想い、祖国を想い、未来を想い、そのために尽くすことに、自らの人生を捧げた先人の功績がありました。

 

その気概こそが『今生きている私達に、命と、豊かさと幸せをもたらす基盤をつくってくれた』のですが、そんな命を繋いでくれた先人達が感謝をされず、報われなくて良いのかと私はそう強く感じます。

そして、こうなった理由は、私達が学校や報道機関で学んできたのは、

「欧米にとって都合よくねじ曲げられた歴史」で、その生き様を知らされていないからであるとも強く感じます。

 

池間先生は、25年以上に渡って、20億円近くの費用を投じて、アジア10カ国で支援活動を行い、継続的に30万人もの人々を支援して現地の人たちと直接触れ合ってきましたが、

 

「自分たちの国の成り立ち最初の神様・神話を答えられないのは日本だけである」と仰います。

 

そして、「自国の歴史を知らないと自分達の国の素晴らしさがわからず、誇りが持てない」とも仰います。

自国に対する誇りが最も低い日本人

実際に少し古い結果ですが、2009年に英誌エコノミストが発表した調査結果によると、世界33か国中、『自国に対する誇りが最も低い国は日本』でしたが、池間先生が仰っていることが、日本で如実に表れているのではないでしょうか?

だからこそ、私たち日本人は、真実の歴史を学んで、それを発信して、子どもたちによりよい未来を遺す必要があると思います。

池間先生の日本塾は、25年以上もの長きに渡り、20億円近くの費用を投じ、継続的に30万人もの貧困地域の人々を支援してきた池間先生しか語ることができないお話ばかりです。

そして、この塾の収益の50%は、池間先生の認定NPO法人を通してアジア途上国の悲惨な状況下で生きる人々のトイレ・井戸・施設の支援や小学校建設・奨学金制度など教育に関わる支援活動にまわるために受講すること自体でアジアの支援に繋がり、日本の未来を守ることに繋がります。
 

ぜひ日本塾で真実の歴史を学んで頂き、その使命を、ここから、ともに果たしていきましょう。

Copyright © Real Insight Inc. All rights reserved.